お金のこと

楽天経済圏へ移住しました:その①楽天ビューティ

資産運用を考えた記事で「支出の最適化」を挙げてましたが、その中で比較的簡単なのが楽天経済圏。

すでに楽天ユーザーでちょこちょこポイント貯めてたんですが、これから意識的にSPU(スーパーポイントアッププログラム)を活用してこう!と取り組み始めました。

楽天経済圏とは

楽天経済圏とは、代表格の「楽天市場」をはじめ、「楽天カード」「楽天銀行」「楽天モバイル」など、生活のあらゆる場面にかかわる楽天のサービス群が生む「ビジネス上のエコシステム」のこと。各サービスの利用額に応じて「楽天ポイント」をユーザーに還元することで、ユーザー側に「次も楽天のサービスを選ぼう」という動機を与え、楽天のサービス内でお金が回っていく様を「経済圏」と表現しているわけです。

引用:「楽天経済圏の住人」に直撃! 半年でポイント倍率15倍、その”功罪”

簡単にいうと「生活で利用する様々なサービスを楽天グループに集中させる」ということです。

SPU(スーパーポイントアッププログラム)を活用し還元率を上げてポイントを貯める

で、なぜ楽天経済圏へ移住するかと言うと、このSPU(スーパーポイントアッププログラム)を活用してポイントの還元率をあげ、多くポイントをもらうためです。

楽天のサービスを見ると「+○倍」とよく記載されているんですが、これはもらえるポイントの還元率が上がるという意味。
「+1倍」なら還元率1%アップ、そこから「+2倍」なら還元率1%に2%アップが加算され還元率3%になるという具合。
楽天のサービスを使用するとSPUが加算されていき還元率が上がる仕組みです。

ポイントの活用方法としては、使用している楽天のサービスの支払いに回すとか、お買い物マラソンで使用するとか人によって色々。

SPUを活用して貯めたポイントを使用することで、結果的に支出を減らすことが出来るということです。ありがたや。

ちなみにSPUでもらえるのは期間限定ポイントで、1年間保有できる通常ポイントとは違い約45日間しか保有できないので早々に使い切らないといけないので注意。

ホットペッパービューティに別れを告げ楽天ビューティへ

さてつい先日行った美容院から楽天ビューティへ移行しました。

今まではなんとなくホットペッパービューティのアプリを使い、なんとなくPontaポイントを貯めていたんですが、楽天経済圏への移住に伴いついにお別れしました。予約履歴を見返したら10年も使ってた。ありがとな。

で、楽天ビューティで予約+施術してもらうとその月のお買い物は+1倍
注)月1回3,000円以上が対象

今月の私のSPUはこちら。

楽天経済圏 楽天ポイント SPU スーパーポイントアッププログラム

元々の楽天会員登録+楽天カード使用+今月から始めた楽天証券、それに楽天ビューティを合わせて5倍です。
今月中に楽天銀行で楽天カードの引き落としを設定して+1倍、買い物は常に楽天市場アプリを使用するので+0.5倍、計6.5倍になる予定。ひゅー。

さらに初めて行った美容院だったんですが、スーパーDEALで15%ポイントバックがありました。やったね。

楽天経済圏へ移住しました:その①楽天ビューティ


※スーパーDEALとは…対象商品の購入金額をポイントで還元するサービス

ちなみにスーパーDEALが適用されるのは大体初初回予約が多いので、毎回ポイントバックがあるわけではなさそう。

自分ルール:美容院に行った月に楽天マラソンへ参加

元々楽天ユーザーの私ですが、過去楽天お買い物マラソンへ参加してよく散財してました。
買い周り(対象店舗で買い物すると1店舗ごとに+1倍SPUが上がる仕組み)のために「今必要か?」と思うようなものも買っちゃってたんですよね。これは今思うと完全に無駄な支出でした。反省。

なので今後は「美容院に行った月のみ楽天マラソンへ参加する」というルールにするつもり。
だいたい美容院は1月半〜2ヶ月くらいのサイクルで行くので、コンタクトやフェイスパックなどの日用品を買うのにもちょうどいいかな〜と。

マラソンの時にふるさと納税も一緒にしたらええやん!と、早くも今月の楽天マラソンへのウォーミングアップに余念がありません。(戒めの意味よ)

\ランキングに参加しています/
にほんブログ村・楽しい暮らし
にほんブログ村・OL日記